WHR – 誠心リーディングの会 – について

 

Whole-Hearted Readings ……「誠心リーディングの会」。

私の思う、最善の目的で行うリーディングのことを、私はこう名付けました。

まるで医学会みたいなカタい名前ですが、ある意味ではそうなのかもしれません。

この世にオラクルカードの使い方は数あれど、当会の目的は一つです。

それは、皆さんの魂の学びを安全に運ぶお手伝いをすることです。 

真心をこめて、相手のことを思いながらも冷静に正確に、天のパイプとしてその方に天の祝福が現されるためのリーディングを提供したい。

そして、そのようなクリアな状態でリーディングができる方に、一人でも多く育ってほしい。

この会から発信される全てのカードリーディングが、誠実で、人の心に土足で踏み込むことの危険性と神聖さの両方を、骨の髄から理解しているものになりますように。

皆さんが時に誤解してしまう、スピリチュアルという世界の読み解き方や、日常生活への活かし方、視点の切り替え方を恐れることなく楽しく知っていただき、ふっと明日から自然体で構えずにいられるように……。

私自身もまだまだ修行中の人間ではありますが、私のようなものでも神さまに使っていただけるようにと心から祈って活動しています。

そして、もしかすれば、それはある意味での「医師」なのかもしれません。

皆さまに今この瞬間も与えられている天使たちからの明日への指針を、この場所からお伝えしたいのです。

WHRでは、自己の解釈というエゴを通り抜け、皆さんの感じていることを現実へ落とし込んでいくために、ありのままに話し合いをしながら理解していくプロセスを大切にしています。 

WHRは、恐れを振り払い、自らの魂の目的と真摯に向き合おうとする方を応援します。

 

Yukiko 2017年10月10日

 

 

 


 

 

会活動略歴

2013年9月 当時一人で活動していたYukikoが、己の理念とするオラクルカード活動の基盤を用意するため、非営利団体として旗揚げ。
既にオラクルカードリーディング、エーテリアルクリスタルヒーリング、オラクルカード基礎講座・分類学、コーチングプログラムと、今のほぼ全ての基礎メニューが入った状態で活動を開始。

2015年10月 asuka、ともこの2名と共に、異なる得意分野を持った者同士で理念を共有して活動する、「会」としての第一期メンバー活動を開始。

2017年9月 区切りがついたため、第一期メンバー活動を終了。

 

○会活動の今後の予定

「魂の自治独立を目指し、徹底的に一人ひとりに寄り添う総合的なスピリチュアル奉仕」を理念とする活動を共にするメンバーとの活動は、またいつか、違う形で再開する予定でいます。どんな形になるかはまだ、分かりませんが、オラクルカードやスピリチュアルな生き方を愛し志す皆さまと共に歩んでいける、そんな会でいつも在りたいと願い、日々研鑽を積んでまいります。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

Yukiko