実際、オラクルカードって何なのだろう?

目的は?手段は?

一度はそう思ったことがある方も、きっといらっしゃるでしょう。

 それに対する答えとして、私が個人的にこれはと思った文章を、二つのオラクルカードの序文から紹介します。

 

 スピリチュアリティとは実際には、より良い人間になろうと努力を続ける人でいることを示唆する言葉にすぎません。

 カードを使えばスピリチュアルになれるというわけではありません。スピリチュアリティとは、自分で見つけるものだからです。しかし、このカードは、捜し求める人には神が惜しみなく開示してくれる普遍的な真理への洞察を深められるようにあなたを導きます。

 あわただしい日常の出来事に追い立てられる中、あなたが自身のスピリチュアルな中心軸に気づき、平和と智慧を獲得する助けになるよう意図されて作られています。

 カードは本当のあなたをよりよく知ると共に、神が非常に大切な目的のためにあなたを創造したことを理解するのを助けるでしょう。

(シルヴィア・ブラウン『スピリチュアルリーディングカード』序文より抜粋)

カードを使うことは、スピリチュアリティとは、努力だ。というのです。

あらっ、思っていたのと違ったわ…という方、もう一回上の段落をよく読んでみましょう。

ではこれに関して、もう一つ引用します。

 アセンションカードを使うことによって、ガイダンスや気づきを得、高周波数に波長を合わせる手助けをしてくれます。しかしこのカードは、あなたの未来を予言することはできません。なぜならあなた自身が、自分の考えや決定に対して責任を持たなくてはならないからです。

 あなたの人生は石碑に描かれてはいませんので、ユニコーンがあなたに予言を与えることはありません。あなたは自分自身の中に、未来を築く力を持っているのです。あなたの思考や感情、決断や行動は全て、あなたの未来に何が起こるかに貢献しているのです。ですから質問に対する具体的な答えを尋ねるのではなく手助けをお願いすると、彼らはガイダンスや希望、ひらめきを与えてくれます。

(ダイアナ・クーパー『アセンションカード』序文より抜粋)

なんと、オラクルカードは「未来占い」とは無縁だと言うのです!
これは、占いなんかに自分の未来が決められてたまるか!という自立派の方には、意外とピンとくるのではないでしょうか?
そうです、自分自身の背筋をしゃきっと伸ばして、天の導きを得ながら道を切り開いていくのはあなたですが、今胸につっかえているものや進行が止まっているもどかしさには、ちゃんと理由や祝福があると伝えてくれるオラクルカードは、面白い存在かもしれません。無神論者?無宗教?まったく関係ありません。天使は完全に宗派を超えた存在ですから、どんな人にも求める人にはきちんと理由が分かるように伝えてくれます。むしろ、そういったことをきちんと自分自身で理解している、またはしたいと切望している「捜し求める人」には惜しみなく開示されるが、そうでない人には何がなんだかピンとこないもの…なのです。
自分の闇が出て来たらどうしよう、と目を瞑っている人には、闇も見えない代わりに、祝福の光も見えていません。彼らはそのことに気がつこうとしないのです。目を開けてもあなたは絶対に安全ですよと、隣で天使が毎日のようにささやいていても、です。

しかも未来占いと無縁だというならば、きっと私の未来はお先真っ暗だわ……と思っているあなた!あなたにもうってつけだということです。だって未来占いがないんだから、真っ白な未来も真っ暗な未来もないってことでしょう?(笑)安心して前に進むことができるじゃありませんか!
そうです、誰にもあなたの未来など、決めることはできません。
「自分で責任を持つのですよ」というのは、一見厳しく、突き放したようにも感じられるかもしれませんが、オラクルカードと共に歩むならば、あなたはもう孤独を感じないことに気がつくでしょう。孤独を感じるときは、自分で背負い込んだということも理解できるようになります。導きと守護とともに乗り越えていけば、今までの「檻」から本当の意味で自分を解放していける、最も確実な手段となり得るのです。
そしてオラクルカードは、この良き友となり、道しるべとなり、自分と語り合う素晴らしいツールとなってくれるわけです。

オラクルカードは占いの領域に留まるものではない、と私が言う理由は、これなのです。
たかがきれいなカード一枚、と思う人は、非常にもったいないことをしています。

もう一つ、シルヴィア・ブラウンの上記のテキストから借りるならば、オラクルカードの使用とは

スピリチュアリティとは名声や評判で測られるものではなく、ときにはあなたと神しか知らないような大小の行いによって評価されるものであることを覚えておいてください。

といった性質のものなのです。
ほんの小さな、個人的で地味な、しかし真摯で根強い行動の一つとして、オラクルカードは存分に徹底的に活用できる優れたツールなのです。
神と対話し、この世に自分一人しかいない「自分自身」とのコミュニケーションをきちんと取ることこそ、「スピリチュアル」…なのではないでしょうか。

また、この一文を借りるならば、オラクルカードリーディングで出たカードたちというものとは、

カードは方向を示す矢印のようなもので、あなたはカードを使った後、カードのメッセージがどれほどあなたの状況に合っているのかに気がつくことでしょう。

リーディングやティーチングにおいてWHRは、あなたに差し出されたその矢印を丁寧に読み解き、皆さんの体験や思考・感情などとそれら矢印が示す地図を一緒に探し、徹底的に読み解くことでスッキリして前に一歩また踏み出そうという、皆さんの内面への旅を一緒にさせていただくツアーガイドをする、というわけです。

皆さんがその旅で何を掴むかは、皆さん次第。

しかし、知らない知識の補佐や、読めない言語の翻訳、天使にガイドを常にお願いして直観・理性・経験値の全てをフル活用してガイドさせて頂きます。
旅を終える時には、リフレッシュしてすがすがしい気分で新たな一日を迎えられることでしょう。

オラクルカードを通して見えてくること

オラクルカードが取り扱う内容は様々で非常に多岐に渡り、また使うオラクルカードによってもそのモチーフの得意分野ごとに違った角度からメッセージをくれます。例えば、同じテーマのカードだとしても、大天使の言い方と妖精・フェアリーたちの言い方、ユニコーンの言い方だと、全てそれぞれ違うニュアンスと言い分を持っています!その違いもまた、オラクルカードの奥深さと楽しみです。

ここでは「スピリチュアル用語」で、オラクルカードで見ることのできる分野を挙げておきます。

  • インナーチャイルドとの付き合い方、癒し
  • 豊かさ、経済状況について
  • 本当の意味での強さや自信について
  • サイキック能力について
  • 環境を整える、地球との共存について
  • 愛、罪悪感の取り除き、無償の愛の学習
  • 「動物」的純粋さ、無垢さ
  • 休息と浄化、「水」
  • 女性性と男性性/受け取ることと与えること/能動と受動
  • 食事の変化、摂取する栄養について
  • 前世、カルマから来る問題
  • 内なる平和、調和、バランスについて
  • ジャッジしないこと、視点の上昇

オラクルカードの中にはこれらの要素が殆ど全部入っており、今の自分に必要なものを的確に教えてくれます。(もし入っていないカードがあったら、ちょっと使いにくく感じられるかもしれません)

最終的には、これら全ての領域においてバランスがとれていることが自身の安らぎに繋がり安定させてくれることが分かってきます。