オラクルカードへの質問の仕方。

この記事は、私のリーディングセッションを受けることを考えている方、または、ご自分でオラクルカードを引けるようになりたい方、両方に共通した項目です。 今さらですが、オラクルカードにできること。それは「自分はそれに対して、どうするのが、自分を含めた全ての人にとっての最善なのか」という問いです。 それに対する答えならば、的確に出してくれます。 それ以外は、ほとんど全く意味を成しません。 なぜならオラクルカードの本質がそこにあるからです。 これがどういうことかというと。 例えば、「片思いをしている彼と連絡を取っているが、なかなか返事が来ない」ということについて聞きたいとします。 多分ですが、本音は「早く返事が欲しい」、さらに募ると「なぜ返事をくれないのか」と相手または自分を責めるでしょう。 しかし、これは建設的ではないわけです。 というわけでカードに聞こうか。となったとき、オラクルカードは占いではないため、例えば 「彼は私のことをどう思ってるの?好き?それともなんとも思ってない?」などという質問は、完全なる愚問です。 なぜなら、好きかどうかは本人に聞くしかないですし、恋の成就だけを考えるのであれば、相手と自分との間の「好き」が確実に誠実に育つまではそれなりの時間や積み重ね、誠意のやり取りが必要なわけですから、今すぐ答えを彼に迫る!!!というのは非常に非現実的で利益のない考え方なわけです。まぁでも恋してれば誰だってちょっとはそうは考えちゃいますよね。。恋だけじゃなく、何か叶えたい願いや現実になってほしいことがあれば、ついインスタントな答えやかない方を求めてしまう。そういう、心の忍耐力のなさが露呈するのが、試練というわけです。 さて。ではこういう場合、どういう質問の仕方をすればいいのか?それは 「彼の気持ちが分かるまで、私は何をしていればよいのか?どんな心づもりでいるとよいのか?」という聞き方。これはとても良いですね。「自分に何ができるのか、何をするのが最善であるのか」という、自分のエゴの欲望だけではない、難しくいうと末長く広い、本当の幸せや自分が関わる全ての人との調和を視点に置いた聞き方ですから。 そして出る答えはまた、様々でしょう。例えば「今やってる最優先事項に集中しなさい」と、仕事や自分の本分に集中することを促されるかもしれません。または「相手の顔色ばかり伺ってないで、自分の本音や主張を伝えることが今後に繋がるんだよ」と言われたり、「ちょっと危ない点が見られるから、注意してなさい」と言われるかもしれません。いずれにせよ、時間の経過とともに真実が必ず明らかになります。カードが伝えてくれたメッセージを心に置きつつ暮らしていけば、そのうちにカードがいかに正確にメッセージをくれていたかが分かり、びっくりすることでしょう! このようにして、オラクルカードとコミュニケーションを取るには、私たちはかなり「上」の階層にアクセスすることになります。 恋愛やら願望やらなんていう、ごくごく個人的な願いを、そのような高い視点から見るだなんて!と思う方もいらっしゃるでしょう。しかし、すべては繋がっています。欲に溺れようと心を忘れて社畜をしていようと、どんな時でも人生における愛や調和はつながっているのです。ですからこうすることは決して突飛な考えではなく、むしろ最も現実的で、あなたの本当の心に寄り添った、優しく力強い、真実という栄養のアドバイスとなるのです。 ちょっと心に留めておいていただけたらと思います。 🙂

オラクルカードを学ぶことで起こる変化は何か

例えばWHRのコーチングでは、毎日カードを引き、自らの毎日の生活と人生にカードを照らし合わせて振り返ることを必須でやって頂いています。基礎講座でも同じようにお勧めしています。 というのは、それをすることで、直感力・読解力・理解力を根本から着実に蓄積して磨いてゆき、更にスプレッドや複数のカードの使い分けなどの具体的技術とその方ご自身の専門分野への更なる深化を組み合わせて、オラクルカードのリーディングを上達させていくことが可能だからです。 すると実際何が起きるのかというと、自分にきちんと分かる形で「意識の書き換え」が行われる、ということです。 誰かに無理にさせられるのではなく、お仕着せの何かでもなく、自ら発信するコトバ自体に道筋が出来上がっていきます。 毎日使っている言葉自体から、真に前向きな姿勢で安らいでいられるような言葉遣いへと、根本的に「書き換え」ていけるのです。 そうすることでも、カードの意味の内容からも、カードの絵や存在自体からも学びを受け取り、自分の中でしっかりと咀嚼し、誰にも惑わされないしっかりとした魂視点の思考方法が身に付きます。 スピリチュアルの専門職をされている方でも、真実をどう伝えたらよいかと言葉遣いに悩む方もおられるようですから、オラクルカードでそのトレーニングが出来るといったら……どうでしょうか?とてもよい方法だと思いませんか?もちろん何年もずっと仕事をしながら勉強を重ねていくうちに、その悩みはなくなる方も多いようですが、もしそれでも上手くいかない場合や、「言葉にするのがどうも得意ではないけど直観で答えは分かっている」という時にどうクライアントに伝えていいか分からない方にはよい方法だと思います。普段の自分と、ハイアーセルフの自分との切り替えが上手くなるようになります……つまり、エゴとハイアーセルフの見分けが、もっとズバリとつけるようになります。 オラクルカードを引き、気になった箇所を抜き書きして一日過ごし、一日の終わりに更にまたそれをしっかり読んで今日一日の行為や経験、感情や思考や体調といったものと照らし合わせる。私が勧めることの全ては実はたったこれだけなのですが、地道にこれを毎日繰り返すのはかなりしんどい、めんどくさくて続かないという方もいらっしゃるでしょうし、人生の危機から立ち直ったばかりの方にスムーズに考え方を変換していこうとするにはインストラクターがいたらいいのでは、ということもあるでしょう。そんな時のためのコーチングです。 自分できちんと楽しんでやれるよう、工夫して行えるように、まず何故そういったことをした方がいいと勧めるのかを様々な角度から検証した説明を行い、更にある程度のスプレッドまでまとめて体系づけてお伝えして、あとは実践あるのみ!と送り出すのが、WHRのオラクルカード基礎講座であり、全てのオラクルカードティーチングです。   皆さんが楽しく、順調にご自身を癒していく、ライフヒーリングのツールとして、 オラクルカードは本当に『使える』存在です! 一人でも多くのオラクルカードを愛する方に、しっかりとした使用法を身につけて、カードの意味が分からなくて誤解をしたり、誠実に読めていない人から自分を否定されるようなことを言われたというような事故が一件でも減るよう、WHRはこれからずっと継続してこのティーチング活動を精力的に行っていきたいと考えています。

オラクルカードの持つ力強さの体験

ここをご覧の方は少なからずオラクルカードというものに興味をお持ちだったり、もっと理解できるようになりたいと感じたりしていらっしゃることと思います。 カードをめくると、そこには豊かなイメージの世界と、解説書による更なる広がり、あなたに必ず用意されているぴったりきている詳細で微にいり細にいりケアしてくれるメッセージ、そしてカード同士の連携や組み合わせによって更にどんどん広がっていく、希望の力の世界が展開されています。 私は特にこのオラクルカードというものを、より多くの方に、正確に知り、受け取り、人生に活かし、皆さん一人一人が自分自身を輝かせて生きるために活用してもらいたいと考えています。 そして、オラクルカードは常に核心を突いており、実に奥が深いので、いつまで使っても飽きることも古びることもなく、新鮮な驚きとアドバイスやサイン、ヒントをくれるものであることは間違いありません。 オラクルカードのこの性質については私自身、自分の人生において五年余り、いわば「実験」してきました。ありとあらゆることをカードと共に歩み、相談し、やってみようと行動に起こして結果を見る……という風に「実験」してきたのです。その結果言えることは、オラクルカードは内なる真実を自分で知るための優秀なツールであること、その導きは正しいということと、やはり毎日カードを引き続けると、そのカードの「存在」たちとの距離が近くなり、祈りやすくなることで「守られている」という感覚が非常に強まるということです。 少し、わたし自身(Yukiko)の体験をお話します。 カードを使い始めた頃、私はいろいろなものを失っていました。より自分自身になるために変化を予感してもいましたが、そのために手放さなくてはならなかったものはあまりにも大きく感じられ、また家族の身にも様々な出来事が起こり、大好きな祖母を亡くし、私はこれからどうやって生きていくつもりなんだろう?と、途方に暮れながら、人生の「片付け」を始めていて。自我はとっくに突っ張る力も失い、生きる気力を失わなかったのがギリギリのところぐらいでした。とにかく今やれることを少しずつやるしかない…。殆ど何の希望も見えていませんでした。ただ、私は絵を描くという、自分の生きる理由だけが存在している状態でした。それすらも、将来も希望も見えてこない…。自分自身のあるがままを受け入れなくてはこの先進めない状態に来ていました。非常に繊細でありながら、ものすごい馬力も持っている。なんだか分からないけど結構すごい知力と、結構すごい根性を持ち合わせていることもなんとなく知ってはいました。それは凄いことなのかもしれませんが、でも、その使い方が分からなかったのです。使い方が分からないから、私は自分の力がただ恐ろしいだけでした。爆発したときの周囲の脅えた顔も散々見てきました。それが辛くて、自分の能力を閉じ込めようともしましたが、爆発力がすごすぎてそれすらも無理。もう、どうしていいのか分からないのです。 その頃、エンジェルカードに出会いました。何故だか「これしかない!」という思いがあり、毎日引きましたが、最初は全く意味が分かりませんでした。気に入らない結果が出たら、気に入る結果が出るまで引き直すなんてこともよくやりました。。天使のメッセージと格闘し続けました。もう「辛抱」なんて、うんざりだったのです!「安心」だなんて、いったいこんな人生のどこで出来るというのでしょう!私は、天使の言う事を聞き入れたい気持ちと、どうにもならない抗いの気持ちを同時に抱えたまま、毎日毎日、引き続けました。 しかし約半年が経った後、私はふっと、抵抗することを諦めました。「このままじゃ天使の言うことが分からないままだ。そんなのはもうイヤ。天使はずっとここにいてくれてるのに。いいわ、甘えるのをやめて、受け入れよう……」そのあたりから、突然、メッセージたちがすっと胸に入ってくるようになりました。私はやがて、定期的にカードを引き、己の状態をカードで確認して行動力、抑制力、活動と休止のペースを掴むことを本能的に覚えました。三年間、毎日「カード日記」をつけました。(今もつけています)天使のメッセージを引きっぱなしにせず、毎回振り返り続けてみたところ、どういう意味があったのかを理解するべく自分自身にしか見えて来ない「意味」があることに気がつきました。更に、エンジェルセラピーオラクルカードを寝る前に引いて一日の疲れや疑問をクリアにすることを、何故か突然覚えました。突然、そうし始めたのです。いつからしていたかは覚えていません…恐らく買った次の日ぐらいからもうしてた気がします。カードの使い方に関しては、殆ど本能での領域でした。私はいい意味でも悪い意味でも、自分を信用していません!から、常に自分を天の目から見てどのような状態にあるのか見ていないと不安なのです。でも、それは悪いことではなく、私の場合はそうして自分を振り返り続けることによって初めて「ほんとうの自信」を手に入れられるのだ、ということに気づきました。神と繋がることで、自分の中に広大に広がるあらゆる領域のバランスが取りやすくなることに気づき、もっとそれを深める方法を探しました。それを続けていくと、自分以外の人にリーディングをする時でも、自分がエゴ目線で喋っているのか、そうではないのかが見分けがつくようになり、エゴの声にも気がついて反省もしながら同時に天使からの人へのメッセージを伝達できるようになってきました。冷酷なまでに自分の内側を理性の目でサーチしながらも、鋭い感性で天使のメッセージを見抜き、見分けられるようになったのです。つまり私は遂に、持って生まれた自分のパワー力とブレーキ力、両方の使い方を掴み始めていたのです。それは聖なる統合であり、男性性と女性性の「結婚」を意味していたと思います。 そうこうしているうち、オラクルカードでのリーディングを全く知らない人に行っても、正確なリーディングが瞬時にできる自分に気づくようになりました。初めてのカードを買ってから三年目です。そしてその一年後には、めちゃくちゃビビリで引きこもりがちだった私が、何故か海外に飛び出して、イラストレーションの勉強をしながらカードを教えるまでになっていました。 私はそのために、別に突飛なことをしたわけではありません。ただただ、オラクルカードを理解したくて、カードが好きで楽しくてやってるうちに、飛び込んで来たチャンスに乗る勇気の出し方をカードを通して教わったり、自分のハートにどうしたいかをしっかりと聞いて、その通りに行動し、結果が着いてくることを、ただ驚きの目で眺めていただけのようなところがあります。もちろんそのために苦労したり傷ついたりしながら努力しているのは私自身なのですが、ただ「内なる叡智」に従うこと、神さまや天使たちと繋がることで自分のケアをしてあげられることに気がついて、恐らく真の意味で「自立」したのです。ただ、それだけなのだと思います。 オラクルカードの使い方次第で、自己内省の仕方に道筋がついてきたり、悩みを解放する方法が分かって実践するようになったり、行動を起こす時や困難にぶち当たった時でも常に天が私たち人間を見守り、実際に導いてくれていることを、カードがなかった頃よりもずっと深く強く常に理解できるようになるのだと、これで私は分かりました。 苦労をただの苦しみと捉えずに、この全ては成長するための楽しい道のりだからと考えて、決して自分に背いたり無理をかけたりせずに日々如何に努力していけるようになる視点の切り替えこそが、オラクルカードと会話することで見えてくる得意分野なわけです! たったのそれだけで、人は勇気を持って外に飛び出せるようになります。以前よりもずっと、ありのままの自分を受け止め、向き合えるようになります。それが私が人生をもって証明することの一つです。 自分を牢獄に閉じ込めるのも、喜びに向かって心を開き、自らの狭き心に打ち勝つのかも、あなたが自分で決められます。 そして、もし心と慎重に会話して分かったことを実行する勇敢な決断をしたならば、オラクルカードはあなたを徹底的にサポートしてくれます。 どんなサインが与えられているのか、自らと向き合うため今どうしたらいいのか…こまやかな天使の指導を得たいと願うならば、扉は開かれます。 決意がひとたび備わったなら、是非WHRを利用して下さい。ありとあらゆるサポートを用意してお待ちしています。 オラクルカードリーディングを通して、あなたへの祝福を豊かに受け取ってもらうことが、WHRを立ち上げた私の唯一の願いと目的であります。

オラクルカードと占いの本質的な違い

WHRのリーディングを受けるのにお勧めの方 ざっくり言いますと、変わりたい!という強い気持ちがある人や変わるぞと既に決心した方に向いているのがオラクルカードです。 ・自分でこの状況をきちんと理解してスッキリしたい。 ・がんじがらめになった部分をすっかり解きほぐし、癒されるべき点を明らかにして、次のステージへ進みたい。 という方には最高に適しています。 変わることが怖いという気持ちは、決して悪いものではありません。 人はそれぞれに自分にぴったり合った段階というものがあるからです。 ただ、心の奥底で変わることを受け入れていない状態の方には、WHRのカードリーディングはあまり意味がないかもしれない、ということです。 もちろん、私がありとあらゆるアシストをして読み解きのお手伝いをしますが、自ら積極的に、自分の最近の体験の傾向や今までの思考や感情を思い出してみたり、そのこととカードの意味を照らし合わせることを楽しめそうにない方、自ら考え、自ら掘り下げてみようという気持ちの準備のない方には、何がなんだか分からずに終わってしまうと思います。 自分の人生をもう一度よく見て考えてみたい、という気持ちが大切です。 そして、「天使からそのサポートが欲しい!」と思えれば、完璧です。 たまに、「今は落ち込んでて波長が低いから、オラクルカードに聞くと悪い結果が出るのでは…」などと心配される方がいらっしゃいますが、本当に必要なのは今、あなたが「天使のサポートが欲しい!」と感じているということ、ただそれだけですから、今前向きな気持ちになれていない…ということはなんの障害にもなりません。むしろ独りよがりな考え方を退け、天のメッセージに耳を傾けられる精神状態ならば、その方がよいぐらいです!落ち込んでいればいるほど、カードの声を聞いて意外な喜びを感じる人の方が多いはずです。 (もし逆に「自分の考えをなにがなんでも天使に認めて肯定してもらいたい」という気持ちでリーディングを受けるのであれば、これはお勧めできませんが…) リーディングの障害となるのは、「変わりたくない」「変化が来ても今は絶対に受け入れられない」と感じているか否か、です。 もしオラクルカードにとても興味があるけれど、今は変化できない、と感じていらっしゃる方は、どうぞ今はゆったりをご自分の気持ちをほぐし、何か前に進みたい…と感じてからいらして下さい!   オラクルカードと占いの本質的な違い – 未来、予言 「オラクルカードは占いとは少し違います」と私はずっと申し上げているのには、理由があります。 […]

自分-他人-神の領域のバランス

人間には、例えば「心身魂」とか「インナーチャイルド、親、賢者の老人」とかの3つのくくりがあるっていうのを講座でも教えてるのだけど、意外と大事なのは 「自分」「自分以外の人」「天」だと思うのです。 この3つは、それぞれ、その領域にしか癒したり救ったりできない大切な機能があります。 自分を救えるのは自分だけ、という部分があります。 これは、自分を好きになること、自分に自信を持ったり、自分が信じることを貫くことで道がひらけてきた時に初めて感じる喜びと確信だとか、そういうものです。これは他人がいくら自分を褒めてくれても、いくら自分を慰めてくれても、自分が自分を認めないと、そして認められるように行動しないと永遠に癒されない部分で、他人に褒めてもらいたくて依存してしまう人も多いです。が、そもそも、それは自分がそれを認識し、自分を愛し大切にすると決めなくてはいけないことです。 自分にしか分からないことややりきれない気持ちをどうにかするには、ものを作るのが一番です。芸術です。絵でも、音楽でも、ねんどでも、料理でも、手芸でも、なんでもよいです。カラオケに行って歌いまくるとか、一日中取り憑かれたように編み物してるとか、そんなのもそういうことの一部です。私は、やりきれなくなったら、絵を描くしかないです。絵にしか解決できないことがあり、描く期間をしばらく設けるといつのまにかスッキリします。 芸術は、人間の混沌を受け止めて、良い悪いではない世界に連れていってくれて、次のチャンスやステップにも導いてくれます。人間の根本は創造性だからなのだと思います。 次に、「自分以外の人」これもすごく大事です。 人は絶対に一人じゃ生きていけません。愛する人、反対する人、分かってくれる人、ぜんぜんわかろうともしない人、関係ある人ない人、いろんな人がいることが大事なんです。 そして、一人で思い悩んでしまった時や、天から持ってきた使命が辛くてしんどくて重たいとき、人として生きる苦しみや重荷を分かち合えるのは、地球に一緒に生まれてきた、周りの人達だけです。 人間の輪、人間関係における分かち合いは、もっと積極的に使うべきです。 信頼できる人に、弱音を吐き、痛みを打ち明けて、相手の意外な強さや優しさを発見して驚くこともあります。思いもよらない独創的な解決方法が待っていることもあります。 人を傷つけるのも人だけど、人を救えるのもまた人で、みたいな格言がありますが、本当そうだと思います。 例えば聖書なんかでも、神さまは助けは人を通して遣わすから、人に注意していなさいと言われています。人間って、大事な存在なのです。 ただし、絶対に依存してはいけません。人にはいろんな時期があり、すれ違うときもあり、一致する時もあります。でも、それでいいのです。お互いがあるがままであることを受け入れ、許し、その中でちゃんと一緒に語らえる「人」がその時用意されていることを知って、喜んでください。 そして、「天」です。 人間にはそれぞれの天命があり、皆、必死で生きています。皆、自分の人生を生き抜くことが第一です。人の頭や心は万能じゃありません。いつも慰めてくれる人が、手一杯でどうしようもないなんてこともよくあるし、いつも分かってくれる人が、今回は全然分かってくれないなんてこともあります。人間には、自分のキャパ以上のことは理解できないからです。自分の巨大な孤独を、人間には扱いきれない、そんなことだってあります。 そんな時は、天と話す時なんです。天使や神さまに話しかけましょう。人知を超えた存在に助けを求めて、保護してもらい、羽を休めて作戦タイムを取るんです。これは、自分はもう変わるしかないのだ、というとこまで追い詰められた人ほど、その有効性が分かると思います。天は時に厳しいようなことも言いますが、よくよく聞いてみれば至極真っ当なこと、そして本当に今前に進むために、このつらい場所にいつまでも留まらないように、これ以上自分が自分を傷つけることのないように、そのために言ってくれているのだということが分かります。自然で真っ当なステップ以外に、最も信頼できる変化などないからです。(突然で都合のいい展開は大抵目眩ましで、すぐに失望することになり、落ち込みが深まることが多いです) 天の言葉をちゃんと理解するにはコツが要ったり時間が要ったりします。自分を知らない人ならなおさら時間がかかります。即効性だけに頼らず根気よく、長期的に取り組むと吉です。その時期は、無理に自分の領域だけでやろうとせず、他人の言葉に頼ろうとせず、ちょっとフワッとさせたまま作戦タイムと癒しが終わるのを待つほうがよいです。 人とも関わりましょう。 […]

スピリチュアルとは。そして、オラクルカードとは。

実際、オラクルカードって何なのだろう? 目的は?手段は? 一度はそう思ったことがある方も、きっといらっしゃるでしょう。  それに対する答えとして、私が個人的にこれはと思った文章を、二つのオラクルカードの序文から紹介します。    スピリチュアリティとは実際には、より良い人間になろうと努力を続ける人でいることを示唆する言葉にすぎません。  カードを使えばスピリチュアルになれるというわけではありません。スピリチュアリティとは、自分で見つけるものだからです。しかし、このカードは、捜し求める人には神が惜しみなく開示してくれる普遍的な真理への洞察を深められるようにあなたを導きます。  あわただしい日常の出来事に追い立てられる中、あなたが自身のスピリチュアルな中心軸に気づき、平和と智慧を獲得する助けになるよう意図されて作られています。  カードは本当のあなたをよりよく知ると共に、神が非常に大切な目的のためにあなたを創造したことを理解するのを助けるでしょう。 (シルヴィア・ブラウン『スピリチュアルリーディングカード』序文より抜粋) カードを使うことは、スピリチュアリティとは、努力だ。というのです。 あらっ、思っていたのと違ったわ…という方、もう一回上の段落をよく読んでみましょう。 ではこれに関して、もう一つ引用します。  アセンションカードを使うことによって、ガイダンスや気づきを得、高周波数に波長を合わせる手助けをしてくれます。しかしこのカードは、あなたの未来を予言することはできません。なぜならあなた自身が、自分の考えや決定に対して責任を持たなくてはならないからです。  あなたの人生は石碑に描かれてはいませんので、ユニコーンがあなたに予言を与えることはありません。あなたは自分自身の中に、未来を築く力を持っているのです。あなたの思考や感情、決断や行動は全て、あなたの未来に何が起こるかに貢献しているのです。ですから質問に対する具体的な答えを尋ねるのではなく、手助けをお願いすると、彼らはガイダンスや希望、ひらめきを与えてくれます。 (ダイアナ・クーパー『アセンションカード』序文より抜粋) なんと、オラクルカードは「未来占い」とは無縁だと言うのです! これは、占いなんかに自分の未来が決められてたまるか!という自立派の方には、意外とピンとくるのではないでしょうか? そうです、自分自身の背筋をしゃきっと伸ばして、天の導きを得ながら道を切り開いていくのはあなたですが、今胸につっかえているものや進行が止まっているもどかしさには、ちゃんと理由や祝福があると伝えてくれるオラクルカードは、面白い存在かもしれません。無神論者?無宗教?まったく関係ありません。天使は完全に宗派を超えた存在ですから、どんな人にも求める人にはきちんと理由が分かるように伝えてくれます。むしろ、そういったことをきちんと自分自身で理解している、またはしたいと切望している「捜し求める人」には惜しみなく開示されるが、そうでない人には何がなんだかピンとこないもの…なのです。 自分の闇が出て来たらどうしよう、と目を瞑っている人には、闇も見えない代わりに、祝福の光も見えていません。彼らはそのことに気がつこうとしないのです。目を開けてもあなたは絶対に安全ですよと、隣で天使が毎日のようにささやいていても、です。 […]