簡単な日記をつけておこう

いつも使っておられるスケジュール帳や、出たカードを記録している手帳などに、その日何があったか、強く感じたことや考えたこと、印象的だったこと等の簡単な記録を付けておくのをお勧めします。
ファイルは月末にいっぺんにつけるので構いませんが、つける時にその日に何があったかや何を感じたか覚えている人は少ないでしょう。何の記述もない日があると、出たカードの意味が全く分からないため、指導もできません。
それを回避するため、普段からその日の簡単なメモ記録や日記をつけておくととにかく後で楽ちんです。
また、それをやっておけばファイル記入時に思い出し作業に意識を取られることなく、自分の心の動きや日々の進化が後で客観的に見えてくるという利点も味わえます。
 
 

まとめファイル作成

公式テンプレートのダウンロードはこちらです。簡易版または詳細版、どちらでもご自分に合うほうをどうぞ。
短文で綴る方が得意な方は簡易版で、研究体質の人は詳細版がちょうどよいようです。

☆Excelファイル (簡易版&詳細版)

☆Numbersファイル (簡易版&詳細版) – Mac用

◇アドバンスト受講者用(ウィークリー入り、簡易版&詳細版)… Excel / Numbers

 作成協力;may kukka *sakura*さま

・自作される場合は、このテンプレの書き込み項目を全て入れた一覧表形態のファイルを作成してください。
・送付はExcelやNumbersファイルのままでも、PDFに書き出してもOKです。
 
 

まとめファイルに記録する

  1. その日出たメインカードの名前と抜き書き、エンジェルセラピーオラクルカードの名前を書き込みます。
    メインのカードからは、カード名+抜書きをしましょう。
  2. セラピーオラクルは抜書きせずカード名だけを書き、アクションステップを行なってください。行えた日は下線を引くとなおよいです。
  3. 1日が終わったら、朝しておいた、または夜にした抜き書きと、その日一日の出来事や感情などを照らし合わせ、カードの言いたかったことと自分で納得したこと、また不明だったことなどを「振り返り」に書き込みます。
    ※全く分からなかった日やピンとこなかった日には、その日あった出来事や感情などを箇条書きでよいので書き込んでおいてください。
    忙しくて書けなかった日、記録がなくてファイルに書けない日もあると思いますが、なるべくないようにしてみてください。カードが引けなかった日にも、その日あった出来事の概要だけは書き込んでおいてください。
    これを1ヶ月分、やります。
  4. マンスリーは、出たカード配置と名前、それぞれのカードの抜書を月の初めの頃に書き、1ヶ月が終わったら下部の欄に実際にこの1ヶ月どうだったか、流れや変化を自分で観察してみて、実感や学びなど、総まとめの振り返りを書きましょう。
  5. ウィークリーも受講中の方は、ウィークリー付きのテンプレートを使用し書き込みます。できれば、引いたカードの写メを撮ってメールに添付してください。5週間あった月なら5枚のウィークリーの写メを付けることになります。
  6. 書き終えたら、全てのファイルをYukikoにメールで送ってください。

 

ファイルのイメージ

  1. 簡易版を使用すると、こんなイメージです。
    catalogue2.jpg
 
この方は、わかったと思った日をピンクに、分からなかったと思った日をグレーに、
どちらでもない日を無地にしています。別紙に印象的だった日を長めの文章でつけています。

また、ある方は一覧表の中で、長い表記の日と端的な日とのリズムをつけていました。それだけでも十分分かりやすいです。

 

2. 詳細版でつけている方はこんな感じです。

 

文章量は多くて構いません!多い方がこちらに情報が十分伝わるので、助かります。
抜き書きも長めに取っていますが、文章とも真正面から向き合い始めた頃は長くなるのが自然です。
備考欄には印象的な夢を見た時のメモなどもついています。無意識層の情報が出て来ます。
その分コンサルも長くなる傾向にありますが、その方に合う形にきちんとなります。

◯各自、自分の学びになると思うやり方でOK。独自のやり方、大歓迎です!!
もし、独自ルールすぎるかも?と思った時は、送る時にメールで一言ご説明いただければと。
または私の方で分からなければこちらからお尋ねしますのでご心配なく。
ファイルに入れる最低条件だけ満たしたら、あとはやりたいようにやってください!

 

留意点

  1. コーチング受講のポイント
    「コーチング」とは、自主性がほとんど全てである学びの手法です。
    日記や記録をつけながら、自分が自分の人生を観察し、見分け、
    天使が何を言いたいのか、自分の中で何が起こっているのか?を天使と一緒にしっかりと見抜き、
    実行に移していく覚悟と態度を持ってください。この視点を持たないで過ごした場合、得るものの非常に少ないコンサルになってしまいます。
    自ら動き学び取る貪欲な姿勢がなければ、「コーチング」にはならないからです。また、そうした態度以外での学習を希望されるならば、うちでやるべきではありません。
    コーチングを受講する以上、どうぞカードと自分自身とに「これは、何だろう?」という好奇心と、謎解明の気持ちを持ってわくわく過ごし、丁寧に振り返って記録をつけていってください。また、分からないことや不安があれば、溜めたり我慢せず、いつでも私に連絡してください。
    そのために私がいるのです。

  2. コンサル日時は遅くてOK。ファイル作りもゆっくりでOK
    できるだけ、ファイルが出来上がってからコンサル予約を入れましょう。予約時のメールでファイルを送っていただくのもOKです。
    前回コンサル時に次回コンサル日時を決定した場合であれば、コンサルテーションの日の2日前の夜までに、まとめのファイルを送ってください。(例えば6日にコンサル予定なら、4日の24時までに必ず送ること。もちろん、それより前でも構いません!)これは1ヶ月分のその方の人生を天使の目線で見るという作業の都合上、準備に丸一日はかかるためです。ファイルの到着が遅れた場合、コンサル日時を延期とさせていただく場合もございます。
    ところで、コンサルの延期自体は、実は全く問題ありません。2〜3ヶ月遅れて振り返ったのがベストタイミングだった、ということもコーチングではよく起こります。時間にも心にも余裕がない状態では、よい振り返りはできないものです。1ヶ月が終わったから早くファイル作って送らなくちゃ!と思う必要が一切ありませんので、どうぞ安心して十分にファイルを作る時間を取り、完成した時点で私にご連絡ください。その時がベストタイミングです。
 

メールフォローアップ

メールでのフォローアップやヘルプをいつでもしますので、
普段引いていてすぐに聞きたいことや分からないことが出てきましたら、
随時メールしていただければその都度お答えします。
メールの範囲内で説明しきれない部分は、コンサルの日にお話しします。
 
 

favicon.gif