正解がない、の真価を。

Whole-hearted Readings.org

WHRでは、オラクルカードを用いてリーディングやヒーリングを行います。
しかし占いのみの行為は提供しておりません。
WHRで提供する全てのセッションでは
「あなたの今までの人生を踏まえて、鑑みる」ことに重きを置いています。

なぜなら、人間は予測やデータ(=占い)のみで断定されて救われるものではなく
天の助言を基に自らが行動を起こし、その言葉を生きたものにしてこそ
健やかに成長し、報われるからです。

そしてこれは全てを一人でやるより、時おり誰かの視点を入れることで
より、喜びと厚みと輝きを増します。
WHRは、その「誰か」として責任をもって
天使たちやオラクルカードたちと協働し、
みなさんを楽しく、着実に、的確にお手伝いします。

 

人生を旅するあなたの現在地と、行き先と、持ち物の確認

 『LIFE』には、人生という意味と、生活という意味があります。その名の通り、私たちの人生は毎日の生活の積み重ねであり、生活の集合体全体を人生と呼びます。そして、旅で今どこまで来て、今からどこへ行きたいか、そのために今の自分の心身の状態を点検し、持ち物が多すぎたり少なすぎたりしないように調整をします。それは、実際の旅行でも、人生の旅でも、同じなのです。
 WHRのオラクルカードリーディングやティーチングは、必ずこの全要素を丁寧に確認していきます。すなわち、「この人生とは何か」「今、ここで、どうすべきか」の大きな二点です。
 自分が今どこからどこまで来て、今どこにいるのか。そして、これからどこへ向かいたいのかを自らの心に尋ね、オラクルカードの的確なアドバイスを参照しながら心と体を整え、また旅立つためのポイントなのです。全体図と細部の両方を、偏らず同時にできるオラクルカードだからこそ、大局観と実地的な視点を同時に得られ、頭が整理され心がスッキリし、前進する活力になります。オラクルカードは頭ごなしに結果だけを押し付けるものではなく、自分から考え、感じ取り、人生にフラットで新鮮で大局的な見地をプラスしてくれるツールです。この点において、他の種類の占いやチャネリングとは一線を画するものです。
 また、自分が本当にどうしたいのかを知ることは、時として非常に難しいことでもあります。人生という旅路の地図は「大局観」にあたり、羅針盤は「あなたのハート」です。大局観という地図も自分の本心も、若い頃はもっとはっきり見えていたように思えるのに、大人になり経験を積みいろんなことを知って関わる他人のことを思いやった結果、かえって分からなくなってしまうこともよくあります。そんな時、出たカードを真正面から受け取ることさえできれば、自分で引いたり、定期的にリーディングを受けることで、行き詰まった際の打開策が見つけやすくなるのです。WHRは、天のアドバイスを実際に生きるために作られたオラクルカードとという存在と常に共にあるので、そのお手伝いがとても得意なのです。認識の歪みは誰にでもあるものですが、丁寧に、決して何ものも否定することなく、今受け入れられる範囲で解いていくお手伝いをします。

地味に、地道に、一歩ずつ。

 スピリチュアルを「なんでも都合よくうまくいくようになる魔法のツール」だと誤解されている方が大変多かった10年前から、WHRでは一貫して「地味に、地道に、一歩ずつ」と提唱してきました。これは一見退屈に見えるかもしれませんが、実際のところはこれが一番確実な上に、一番わくわくしますし、敏感で繊細でなければ分からない領域にどんどん踏み込んでいきます。しかも同時に、非常に勇気もいるのです。自分から逃げないことは、とても苦しいけれど、真の意味で自分を大切にできる唯一の方法だからです。一足飛びに手に入るものや楽に手に入るものは、大抵が瞬時に泡と消える類のものだと分かる方ならば、この意味がお分かりかと思います。
 もしあなたが今、一生懸命何かを続けているけれどもどかしさを感じていたり、すぐにはうまくいかないな…と感じているとしたら、正解の道にいる証拠だ、と言うこともできるかもしれません。こんな時にオラクルカードは、本当に細やかにケアしてくれます。月一回引くだけでも、それを定期的に見返すたび、最初に思っていた意味と違ってくるのが分かる人もいるでしょう。毎日自分のためにカードを引くならば、日々の細かなアップダウンや変化に、見事に寄り添ってアドバイスをくれるカードに、とても驚くのではないでしょうか。
 前に進もうとするのに、あらかじめリスクを避けようと考えすぎて、一歩が踏み出せなくなることもあります。辛い経験をすればなおさらです。しかし、この世界のほとんどのことは、いざそうなってみないと分からない、ということばかりです。道に迷ったように感じたら、「地味に地道に一歩ずつ、で正解なんだ」と思い出してください。「一寸先は闇」と言うとマイナスのイメージがありますが、実際のところ、未来は見えないからこそ、無限の可能性と喜びに満ちているのです。恐ろしいだけの暗闇ではないと信じるには、あなたの中にある光を常に見つめる必要がありますから、毎日の一歩ずつを見守ってくれる助けが、必要なわけです。
 どうせ旅が闇の中ならばなおさら、一歩ずつ、足元を確かめながら歩いた方がよい、と思いませんか?匂いや風を感じながら、危険を考慮しつつも一歩ずつを楽しんでしっかり踏みしめた方が、急に走り出して滑って転んでしまうより、ずっと確実ではないでしょうか?
 ちょっと怖いようにも思えるこの旅の最中、オラクルカードは「一歩ずつ導く」のが、とても得意なのです。常に背中を支え、はげまし、隣にいてくれて、自分を信じる大切さと勇気を教えてくれます。この素晴らしさは、Covid-19で震撼するこの世界の中、立て直し、組み替え、何かを新しく始めようとしている方ならば、きっと毎日に必要な、大切な栄養分になるのです。

意思・行動・結果

 どんなにたくさんの格言を覚えていても、人生が勝手に改善などしないわけですが、スピリチュアリティももちろん、同じです。どれだけ自分に都合のよい結果をお金を払って聞こうが、現実と向き合わなければあなたの思い描く人生など永遠に実現されません。ですからカードや占いなどの結果を受け取ったら、それをデータとして参考にしつつ十分に実際の自分の人生と照らし合わせ、やるぞ!と決め行動に移してみて、それがどうだったかをまた戻ってきて考察する、というこの3ステップを怠らないことこそが大切なのです。
 これはもちろん、時にたいへんだったり、時間がとりづらい作業ですよね。集中力が持たなくて一人ではとても、ということもあります。また、自分一人では自分の予想や今までの経験だけでものごとを考えてしまうので、そのカードが本当にあなたに伝えたかったもっと大きなイメージや、もっと的確なメッセージを逃してしまっているということは、よくあります。ですからWHRは、この全プロセス、特に「振り返って、どうだったか検証して、人生の栄養にしていく」段階のお手伝いを重視したサービスを提供しています。リーディングだけなら、ワクワクしてメッセージを読んだり絵を見たりするだけなので、わりと誰にでもできるのです。しかし検証作業をしっかりやればやるほど、最初はどれほど苦手でも、オラクルカードの与えたかった栄養が全て、あなたに吸収され、誰にも奪えぬ真実の智慧となっていくのです。WHRがしたいのは、そのお手伝いなのです。

 みなさんに自分の経験について、セッション時にかなり話してもらうことになりますが、これはWHRでのオラクルカードセッションにおいて、必要不可欠なプロセスです。一言も話さなくてもお金を払って条件だけ渡せば手に入る「鑑定結果」というのはもちろん存在しますが、もちろん、全て当てはまらないとしても理にかなっている部分はあり、あなたの自己理解の助けになるでしょう。しかし、それはただデータを渡されるだけなので、そこにはあなたがこれまで主体的に生き、考え、哲学し、ハートで感じ、勇気を持って行動を続け、積み重ねてきた経験が一切、含まれていません。そうすると、文字通り「片手落ち」でしかないのです。あなたが真の意味で自分の人生を敬意を持って取り扱いたいのならば、やっぱり与えられたそれをじっくり検分し、試してみて、結果を考察しなくてはなりません。どんな占いも、あなたが食べて、あなたの体の一部に栄養として取り込まれて初めて、その真の意味に気づけるのです。

 それでもセッションで、見知らぬ他人である私に自分の胸の内を正直に話したり、人生の弱みや辛かったこと、苦しいことを話すのは、きっと大変な勇気がいることだと思います。思い切って話したのにバカにされたり笑われたりしないかと心配な方もおられるでしょう。
 どうか、これだけは誓わせてください。私はどんな人の悩みも、笑ったことはありません。くだらない悩みなどこの世にはありません。苦しみや痛みを誰かと比べて大きい小さいなどと言うことは、絶対にやらないと決めています。実際に私も、そうされて嫌だった経験があるからです。実際に私も、悩みやすい自分をバカにされた経験があるからです。しかし、実際にその後自分の人生を責任を持って生きてみれば、無駄なことなど一つもありませんでした。
 すべての人の痛みや苦しみには個人差があります。しかし、一つだけ言えることは、どの人も精一杯、自分の人生を生きている、ということです。必死でやっていない人など、実際のところ、一人もいないのです。これを机上の空論や理想論としてではなく、今まで生きてきて実際に、ひしひしと感じてきました。どんな人にも悩みや苦しみがあり、どんな人にもそれを乗り越えて力強く優しくなり、笑顔になる時があるのです。ですから私は、愛とはその人の今現在の状態、そして心を100%肯定することなのだと理解し、活動しています。真実の愛を体現してくれているオラクルカードだからこそ、私の生き方にぴったり合っていると信頼できたのです。
 ですので、どうか安心してお話しいただけたら、天使も私も助かります。私の人間像に不安がある方は、ブログやYoutubeなどをご覧になっていただければと思います。

WHRの全セッション=オラクルカード×あなたのすべての経験。

 あなたが今までやってきたこと、願い、行動の結果、経験、傷跡、学んだこと、失ったもの、得たもの、今あるもの、もうないもの、その全てをオラクルカードは抱きしめます。それがあったから今のあなたがあるのだと、心からあなたを祝福します。その上で、もしあなたが変えたいと願う部分があるのならば、それはいつでも可能なのだと具体的に伝えてくれます。夢想的でも、ただの精神論でもなく、「あなたが今までしてきたこと」を理解し受け入れ踏まえてくれた上で、具体的な方法を示してくれるのです。

 私やオラクルカードというのは、マラソンを走るあなたの伴走をする人のようなものです。あなたのマラソンの苦痛も、走る喜びも、私たちのものではないのですが、あなたを励まし、懸命に走るあなたを幸福に思い、もっと支えてあげたいとそばで見守っているのが私たちなのです。マラソンを、ただ苦しいだけの嫌なものだとしか感じない人もいれば、走る行為やその合間に見上げる空が好きというように、喜びや光もしっかり受け取る人もいます。オラクルカードと私は、あなたが後者であると望むなら、それを叶える手助けをどうしてもしたいのです。それは私がオラクルカードに出会って以来10年以上ずっと、助けられてきたからです。カードを毎日引くことで、人生のどんなに苦しい時も、天がちゃんと全部、見守ってくれているという実感を得て走ってくることができています。カードを引く前までの生活より今の方が、たとえ苦しくて周りが見えなくなった時でも「私は一人じゃない、天使たちは絶対にここにいるんだ」と、カードが物理的に存在して飛び出してきてくれるからこそ、確信できるのです。カードではなくチャネリングだけに頼っていたら、私は以前のように、もっと多くの耐えられない時間を過ごしていたことでしょう。
 カードで人生というマラソンの苦しさが変わるわけでは、もちろんありません。楽しく走れる快調な日もあれば、怪我も病気の日もあります。走る気が起きない日もあります。それでも、以前までとは違います。もっといい眺めのコースを走りたいと思ったり、もっときついけど素晴らしい空気のいいコースを走りたいと願ったりして、ようし!と勇気を奮い起こすたび、彼らがいつもそこにいて、常に見守り、応援してくれているのが分かるのです。

 オラクルカードは、「理屈では見えない世界」にあこがれたり、取り入れたいと思う全ての人に、人生は秘密と魔法であふれているのだ、と思い出させるのに十分なイマジネーションを兼ね備えています。魔法は、実際に使うためにあります。神や天使は、直接話すためにいつでもそこにいるのです。
 オラクルカードと出会い、どのような形であれ…リーディングを受けるのであれ、自分のお気に入りを見つけるのであれ…人生に招き入れることで、この世界の美しさと楽しさを思い出し、苦痛と重荷をフラットに受け入れ、あなたがあなたである喜びを常に感じて生きていきたい人の手を取り、共にあゆみ、確実にそこへと一歩一歩近づいていく喜びを共有することこそが、WHRの、常に変わらぬミッションです。

WHR理念

最も大事なものはハートであり、愛である。
自らの情熱に従って生きるという決意、つまり
自らの人生を受け入れ、それを生きるという覚悟を定めることが始まりである。

自らの心身魂の完全自立と充実を目的とし、実践する毎日は、
誰にとっても大変な闘いである。
その道のりをサポートすることが、WHRのミッションである。

自他共にその健全な生き方、暮らし方をすることを目指して支え合う態勢を築くため、
実践、リセット、豊かな人生を生き抜くことを、一人一人が身につけ
自分でできるようになることこそが、
WHRミッションのゴールである。