Newsletter!

WHR Members ニュースレター 第4号

こんにちは!WHR Membersニューズレター第4号です。

今回より、これまでの会からの反省点を踏まえ、フレンズミーティングの進行方向を変更することとなりました。
変更の方向性は次の通りです;
1. 会員同士の交流を増やし、話しやすくする。

2. スケジュールの折り合いをつけやすくする。
そこで、具体的な変更を以下のようにしました:
1. 司会はメンバーが持ち回りで行い、Yukikoもメンバーの一員として参加

2. クラス分けを固定にせず、「都合がついたメンバーで順次行う」変動制へ

これにより、年間トータルではほぼ全員の
メンバーとの対話が可能になりますし、3人のグループに当たった時と2人の時では会話の深度も変わり、じっくり話せたりワイワイ話せたりして雰囲気や話の中身までかなり変わって、より多様な会話が楽しめます。そしてメンバーが司会を行うことで、メンバーが自由に発言しやすい雰囲気がより作れるのではないかという試みです。

というわけで、去る9月2日にその新体制第一回目がありましたが、予想以上に盛り上がりました!
今日のお当番さんは特に話したい話題もなく、「とにかく緊張している」とのことでしたが(ですよね…!)、前回出された課題について皆で順番に話し合ってた時間がほとんどだったにも関わらず、ちゃんとお当番さんのカラーが出るのです!これは発見でした。本日はほんわかしててなんでも話せる空気が出ていて、いつも通りかそれ以上にワイワイ盛り上がったという気がします。
それと、今回は人数が少ない組み合わせとなり、私を入れても全部で3名だったため、かなり各自の深い話になりました。これはこれでメリットがあります。次回は違うメンバー、違う人数になることにより、このへんのバリエーションも違う組み合わせが楽しめるため、いい具合に変化がついて面白そうです!また次回以降が楽しみです。


さて、私が個人的に今回最も興味深かったポイントは、「人によって、成功だとか最高の人生だとかっていう定義は違う。自分にとってのそれは何?」ということでした。

あるメンバーさん、とても落ち着いてて安定してる方。大変なご病気を体験して以来、健康が一番、と悟ってドラマチックな生き方を脱し、今のスタイルになったのです。
ところが、オラクルカードをしていると無意識のうちに「過去を捨てて前進しなくちゃならない」「最高の人生を送るために何かもっとしなくてはならない、現状維持ではダメなんだ」と、もっと頑張れ、と言われているような気がしてしまっていたそうです。
「苦手カード」で提出してくださった表を見ていたら、その方らしくないな、という記述がいくつかあるのを見つけ、どうしたんだろ?とお話を伺ってみたら、そういうことでした。

一メンバーである私の意見で恐縮なのですが、「そんなわけないよ!そのままで大丈夫!」というのが答えです。
人生は人それぞれ。重い荷物を背負って死ぬ気で歩く人生の人もいれば、実は平穏で安定した生活を送ることができているという幸せをきちんと受け止め、それを全うすることこそが世界に貢献しているという人だっているのです。
だって、世界の全ての人が苦難を背負っていたら、幸せな世界なんていつ来るんです?幸せで健康でいることは、何よりの社会貢献なんです!穏やかな生活を暮らせる人は、人生の上級者。苦難なしにそこへたどり着く人はいません。ご自分が成し遂げられたすばらしい現在という日々が、いつのまにか当たり前になってしまったからこう思われたのかもしれませんね。

オラクルカードを楽しんで引いてる方の中には、少なからず、もっと前進しなくちゃいけないと言われてるのではないか…と感じてしまっている方もいらっしゃるのではないかと思います。
そんな時は(どんな時でも、ですが)、自分にとってその言葉をどう読み替えていいのか?適切な読み方を考えてみてください。
例えば「レッスンを繰り返す必要がある」というメッセージを、その時やっていた英語のレッスンを繰り返せってことか!と、この方は受け取りました。
また、「自分自身に対するつまらない考えを手放しましょう」「古い考えを手放して最高の人生を生きるのに必要な変化を受け止めなければなりません」は、今のこのメンバーさんにとっては「現状が自分としては成功している、すてきな人生だ。今最高だと感じている」ということを自分自身でしっかり認め、受け止めてあげることだったのです。自分をつまらない人間だと思うのはやめましょう、ということです。どの人も素晴らしい。その人が決めた変化を、この方はきちんと生きて果たしているのですから、事実その通りなのです。
これらのメッセージは、人生に行き詰まってる人ならもっと重い意味に捉えられるカードでしょうが、これでよいのです!この時は確実に、これが正解な読み方なのです。その時の自分によって違うのですから。
皆さんも、その時の自分に合わせて、メッセージの意味の重さや軽さ、日常への適用量が変わることを加味して考えてみてください。毎日毎日重たいメッセージなんて実は出ていません🙂オラクルカードで毎日ドラマが起きることを期待するのではなく、なにげない日常も天使がちゃんと見守ってくれてそばにいてくれてる、そんな実感を感じて、じんわり毎日幸せになってもらえたらな。楽しいなと感じてくれたらな、と私は願っています。フレンズ会が少しでもそんな助けや発見につながったら、私もまた、幸せです。

さて、そんなわけでメンバー司会に切り替わったフレンズ第一回でしたが、なんとかなりまし!た!!( ´ ∀ ` )というか、ワイワイ話すのにそもそも障害なんて…あり得たのだろうか…と思うほど。私の出した課題がすっかりなくなる次々回以降からが本番かもしれませんが…!その時は私がヘルプトピックを用意しておかなくては。。でも、きっと「なんだ、何の心配もいらなかったなぁ」って、なる気がするんですよね。そんな気がしています。

みんなで話したいテーマを探すコツは、今の自分が強く興味を惹かれてること、自分が話したいことにあえてわがままになること。みたいです。その方が面白くて、盛り上がる。
わがままがいいんです。みんなのため、みんなで共通のものなんて、あるわけがない。それって実はすごい遠回り。楽しみたいなら、自分の個人的な思いをぶつける方が得策なのです。(ミーティングに限ったことではありませんが…!)
例えば、自分が個人的に最近考えてることとか着目してるポイントやトピックをあえて何も考えずにバーンとぶつけちゃう。最近こんなこと考えてて〜ととりとめもなく話しちゃう。そうこうしてるうちに、そういえばその時にオラクルカードもこういうの出てた〜!って話には結果的になぜかちゃんとなるので、トピックはカード関係ない方がむしろ面白いみたいです。カード好きが集まってるから自動的にそうなるんでしょうね。。
というのと、もともとオラクルカードってそうですからね〜。オラクルカードとかスピリチュアル自体は、手段であって目的じゃないですから。人生への探究心と、オラクルカードのさまざまな面を発見したり、なにより、生きるの楽しいなぁ!カードと一緒だとまた味わい深いなぁ♪というところへ行くための、一つのアプローチ方法にすぎません。
それに、今年はどんな話題も受け止めてしまう、ユニークで懐の深い、好奇心旺盛なメンバーが集まっているようです。いろいろお話聞きたいです…!楽しみですね。

いやーほんとメンバーとして参加してみたらこれまたすっごい…楽しくて…ありがとうございます。。これからも、いろんな方とお会いできるのかな。とても楽しみです。
ではまた次回、更新します🌸

Newsletter!

WHR Members ニュースレター 第3号

こんにちは、WHR Membersニュースレター第3号です。
最近は「WHR職業人会」も始動しており、お互いの活動についての話や内容の提案、全体的な話(今回は「世代」に着目してずっと話してました)、一緒にやろうと閃いたアイディアを話し合って少し詰めていったりなどしています。
みなさまに役立てて楽しいものがお届けできればなぁという思いです。

さて本日は、7/15及び16日に続けて行われました、WHR本会員ミーティングと、フレンズミーティング・ピンク組のレポートをば。

◯本会員ミーティング

今回から、お互いにリーディングを行なって結果を報告してもらい、それを資料として見ながらミーティング時に詳しくうかがっていく、というのが始まりました。
初回はメンバーの一人の「スピリチュアルの仕事をしたいと思って屋号まで取ったけれど、あと一歩が踏み出せずにいる。どうしたら踏み出せるか」というお題で、あとの二人がリーディングを行いました。一人はスカイプで対面、一人はメールとなりました。また、本人にもセルフリーディングをしてもらい、その結果も提出してもらいました。
当日、全員でファイルを共有し、それを見ながら、どんな意図や手順で行い、焦点をどう絞っていったか、どのような順番で読んでいって結論に達したのか、といったところを一人一人、詳しく聞いていきました。
結果はとても面白かったと思います。ベーシックなスプレッドを基盤にしつつ、はっきりとカードに役割をもたせて聞いた結果、理路整然としたリーディングを展開した方や、たくさんのカードをまるでぐるりと円で囲むようにして、包括的に捉えながら情報をどんどん引き出していった方、枚数を絞って優しく豊かで実践的なメッセージを心がけた方、と、三者三様はっきりと分かれました。
私も拝見していて非常に面白かったですが、それ以上にメンバー同士で受けていた刺激が非常に大きかったように思います。私は彼女みたいにうまくまとめられなかった…と落ち込む人の横で、すごい!こんなリーディングをされるなんて…!と感動で目をキラキラさせてる人がいたり、と、いや〜カオスでした。(笑)すごく素敵なカオスでした…!
色みで見てみたり、キーワードが繋がってる部分など、三者それぞれのリーディングから、同じ事柄について違う切り口や側面から説明してくれていたり、ある側面のことは誰かがもっと詳しく説明してくれていたり、また違う側面のことを別の人がフォーカスを当てていたりしたので、占いとして利用するのであれば、3人ぐらいの人にリーディング頼んで結果を読み比べると、ちょうど統計が取れて面白いかもしれませんね。カードデッキを変えて3回ぐらい読むのともちょっと似ている感覚かもしれないです。
といってもオラクルカードは「その後、どうしたか?」で変わってきますので、今後を見守りたいと思いますよ!ニコッ!

さて次回は、今の所全員、この仕事したいけどこれでいいのかな?大丈夫かな?どう進めていけばいいかな?っていう段階にいる人たちだと分かったので、じゃあ順番にまず回していきましょうかということで、次回は違うメンバーの「この仕事をするにあたって」を全員で読み、次は最後のメンバー、というとこまで決定してみました。
これから継続していく中で、おそらくまたどんどん各自の読みや直感、まとめ方が深まっていったり、自分のやりたい方向性と喜んでいただける結果などが結びついてくるのではないでしょうか。
私も見守る人として楽しみです。

また、システムとして「Googleクラスルーム」を次回から取り入れてみます。
全員のファイルを会員だけアクセスできて一画面で見ることができ、ウェブクラウドなのでローカルフォルダも圧迫しませんし、なかなかいいのではないかと…。
フレンズミーティングはもっと小規模なのでこのシステムは不要かもしれませんが、本会員はレポート、頂いたご感想、疑問質問やカードの写真など、提出ファイルが多いため、これを試してみたいと思っています。

 

◯フレンズミーティング・ピンク組

青組さんとは別のトピックで、「大天使ミカエル大会」を開催しました。
いや〜テンション上がった!ミカエルの元気と力強さが満ちていた、面白い会になりました。
事前のホームワークとして、「実際にミカエルさんに話しかけたり尋ねたり、カードを引いたりして、それに対して返ってきた返答と、それが実際どのようになったか」を3つ、メールに概要を書いて提出してもらい、当日詳しくお聞きしていきました。やっぱり天使は体験が大事なので、臆することなくどんどんミカエルに頼んでほしかったのです。
ピンク組はメンバーが2人なので、一人一つずつ順番にお聞きしていきました。
め〜〜〜っちゃ面白かったです。詳しくは書けませんが…(笑)
また、ミカエルカードを人間関係の質問で使うと、「状況から去る」というカードがわりと多くてドキッとするんだけど、あくまでも「不健全な状態をやめる」っていうことなんだな、という気づきが共通していたように感じます。それほど大げさなことじゃないんですよね。継続して使っていくとそう思うようになるのですが、毎度、わりとドキッとする、大胆なメッセージかと思います。
また、オラクルカードの使い方も二人とも全く違い、お一人は例えば「感情のことを聞きたいときはマーメイド」など、カードデッキごとにはっきりと役割を与えているため、それと違う使い方をするとむしろカードの方から「僕じゃないんじゃないの」というカードを出されて変更するハメになる、との事例が出ました。
それを聞いてのもうお一人は「私は、聞きたいときに聞きたい人(カード)に聞いちゃうので、決めたことないなぁ…」とのことでした。
面白いですねぇ…。
オラクルカードはノールールの世界なので、意識的であれ無意識的であれ、その人が決めている通りに動くところがあります。
私自身は後者の方と同じで、聞きたいときに全部その存在にお任せして聞いちゃうんで、役割決めてるとそうなるんだぁ!と勉強になりました。(笑)

また、ミカエルの得意ジャンルでもある「変化」の備えや、変化がいざきたときに尻込みしてしまった、という体験なども飛び出して、最終的に何か世相の話とかにもなったりしつつ、心の微細な機微にまで寄り添ってくれるミカエルさんの優しさと力強さに癒されたミーティングとなりました。

あと最後に思いがけず面白い話になったのが、天使との「距離」!
みなさんは天使が来てくれるとき、心の目で見ると、どのへんにいますか?
この日、お一人は「雲の上、太陽の近くに浮いてる。逆光で顔とかよく見えない。ヒーリングはエネルギーだけ送ってくれたり、カキーン!てバットで打っていらないやつを消してくれたり、助言もらう時は天の上とスカイプしてる感じ。身近にいると思ったことは一度もない」、
もうお一人は「常に0距離で、右側の背後びったりにミカエルさん、左にラファエルさんがいて、光や温度で感じる」とのこと。ハイアーセルフは自分のド正面にいて、さすがに0距離ではないものの2m程度しか離れていないそうで。ヒーリングは天使たちが背後からカチャカチャカチャッと全部やってくれてるので、何をされてるかや表情などは自分では見えない、とのこと。
そして私は二人の中間…?ぐらいで、左ナナメ上からミカエルさんの登場率が高く、ラファエルさんはニコニコしながらどこからでも出て来て超迅速にヒーリングをしてくれたりハグしてくれたりするし、ミカエルさんも慰めてくれる時は添い寝とかしてもらうので…、いやすごいですね、全員違う。(笑)
改めてお話を聞いて、こんなに違うのかー!と非常に感慨深かったです。
これを読んでくださっている皆さんの天使との距離も、いつか是非、お聞かせください♪

というわけで次回テーマは、これだ!というものが出てこなかったので、青組と同じ「苦手カードを並行して引いてみよう」になりました。
同じ課題というのも面白いですねぇ…。意外な共通点や相違点などが出て来そうで、私も今からとても楽しみです。。
またレポートします♪

というわけで、会員レポート、また次回!

Newsletter!

WHR Members ニュースレター 第2号

こんにちは!
WHR Membershipニューズレター、第二号でございます。
本日は先日無事行われました、グループ分け後初のミーティングのレポートです。
ちなみになんとなくで「青組さん」と「ピンク組さん」と名付けました。とてもなんとなくです。笑

今回のミーティングは青組さん。
お題は『エンジェルセラピーオラクルカード、どうやって使ってる?』

◯ミーティングをより充実させるため、皆さんには事前に小さな「宿題」をしてもらいました。
セラピーオラクルは一日に一枚引けば十分であり、アクションステップを実行することが何よりも重要なため、宿題は
・任意の日にセラピーオラクルを3回(=3日分)、引いてみる
・そのカードが出た前後、思い当たる出来事や自分の中の変化などがあったかどうか
・出たカードを見、アクションステップをやってみた後、どんな感じがしたか
を書いてもらうというものでした。
事前にメールで簡単に書いて送っていただき、当日はお一人ずつのエピソードを詳しく伺いました。
メンバーそれぞれの取り組み方がみんな違って、どれもとてもステキでした‥!
すご〜く心があったまって、ほっこりしました。。

◯本日の内容からハイライトを一つ選ぶと、こちらでしょうか。
序盤、思いがけず過去生の話に発展した時の話です。
エンジェルセラピーの話も非常に面白くて、それぞれの体験をじっくり聞き、本当に参考にもなったのですが、そこからなぜかそこに居合わせた3人ともが最近過去生に関することを深く思い出していて、そんな話になったのです。
余談ですがそういえば私も個人的に、どういうわけか6月は過去生のことを思い出すことが多いのです。何かあるんじゃないかな〜と勝手に思っているんですが、なんとなく裏付けられた…ような?シンクロニシティでした。

今日のテーマと関連して一つ確かなのは、過去死んだ理由というのは実に人それぞれなので、例えばエンジェルセラピーオラクルカードの『Release』のように、書いた紙を燃やす、というアクションステップがありますが、火が苦手な人は火を使わないで大丈夫です。火を見ただけで恐ろしい、料理の火も相当我慢して使ってるというメンバーがいて、その彼女がこのステップで非常に戸惑ったそうですが、無理せず他の方法を取りましょう。スピリチュアルの鉄則は「決して無理をしないこと」「代用方法はいくらでもある」です。実は浄化の炎は紫の炎だそうですので、現世の赤い火とは違うのですが、それでも人間である私たちは物理的に赤い炎を利用するのですから、そんなことをして過去の傷口に塩を塗るのはやめましょう。。
そういう場合は、例えば書いた紙を水に浸してムッニャムニャにして水気を絞って捨てるとか、パソコンで白紙のメモにだだだだと自動書記してエイヤー!と永久消去してスッキリするとか、その方がしたようにボイスメモに吹き込むなど、他の方法でできます。その時に大切なのはミカエルさんを呼ぶことです。彼が最後までその解放を手伝ってくれます。例えば、そのファイルを消去する時やぎゅーっと絞ったムニャムニャの紙などを持ってミカエルさんに来てもらい、「これで私の中からは解き放つべきものがすべて消えました、ありがとうございます」と宣言して消去したりゴミ箱に入れるなどして、自分の気持ちが確実にスッキリするような手順を踏んでください。自分なりの方法が見つかるまであれこれやってみましょう。体感で気分や体がスッキリしたり、あんなにモヤモヤしていた気持ちがそれをやった直後から何を悩んでたかも忘れたりしていれば、成功です。なぜだか分からないんですが本当に効き目があるので、ぜひ皆さんもやってみてください!
ちなみに私は火で燃やしてホッとした後、灰皿がわりに使った透明のガラスの小皿を水でジャーッと洗い流している時に最大にスッキリします。そして皿を片付ける頃には何を悩んでいたかも忘れ去っています…。あんなにモヤモヤしてたのに!!とあとでハッとしたりします。笑

◯さて、ミーティング後半は主に「その他のやり方が分からないカード」についての質問大会になりました。
例えば今回事前に、Shield Yourselfのやり方が分からない、目を閉じて光をイメージしようとしても暗闇が広がるばかり……というご質問がありましたので、他の二人+私でああだこうだとやり方を話していたら、実に様々に広がりました。
手でこう、包み込むように、わーっと動かしながら……というボディーランゲージde増幅派とか、光のボールをイメージしてそこに自分や人(癒したい対象があれば)を入れて、クルンクルーンてドラム式洗濯機みたいに回して〜、という洗濯機派など、いろいろな方がおりました。(笑)
私からは、夜じゃなくて明るい昼間にやって、目を閉じても暗闇にならない状態で光を浮かべる方が明るいから慣れるかも、というライフハックを教えてみたりしました。(これ、エネルギーヒーリングやるのにはよいんですよね。)

他にも「ツインフレーム出たら、どうしてる…?」「フェアリーが出てもどうしてよいか分からない」「ワークショップ&セミナーは?」という質問が飛び出して、全員で話し合いました。それぞれの体験から素敵なことがたくさん飛び出しました。うまく出ない時だけ私の補足が入りますが、楽しく司会させていただきました。
ここでわかったんですが、今回のこのグループは例えば、地球・妖精系の人、宇宙系の人、アトランティス系の人…と、全員出身が違う…(笑)ので、得意分野が違うのです!だから、それぞれから飛び出してくる要素がみんな違って、みんないい。。誰かがピンとこなくても、誰かが得意で、その人の話や体験を聞くと、あぁ〜〜それならわかる!ってなる、という。出身は違うけど、何か通じるものが必ずあるので、それぞれに何か目を輝かせてメモをとっている姿が印象的でした。
主催者としても、とても嬉しい気持ちでいっぱいでした。

◯さて、初回から大充実のミーティングの後、次回のお題どうしましょうか…と少しお伺いしてお話を聞いていて、はた、と閃きました。
というわけで次回の青組のお題はこちら。

『苦手カードデッキを使ってみよう!』

好きで、お迎えしたくて買ったのに、どうにも長年、なんだか苦手で使えていない…。
絵を見ても解説書を読んでも、さっぱり分からない…。。
そんな理由で本棚に大切にしまわれている、アイツ…。
メンバーに聞いてみたら、全員が1〜2つ、そういうものを所持していました。(笑)
せっかくなので、苦手を払拭しよう!ということで、「苦手カードをデイリーと一緒に引いて、それぞれ抜書き&振り返りをしてみる」というお題にすることにし、専用の書き込みエクセルファイルをこちらで用意して送っていただくことになりました。
得意なカードと一緒に引くことで、分からなくてもいいんだ!と思えますし、分からなければ分からないと書けばOKということになっています。
全員がそれぞれに好きなカードと苦手なカードを引く、ということ自体がもう面白いですし、個性もめちゃめちゃ出ますし、一緒に引いてみたら意外と…!ということもよくありますし、皆で見ていく過程で面白い気づきが生まれるんじゃないかと予感しています。あぁ〜面白そう!もう面白そう!!わくわく。。

主催の私としても、今回がグループ分け初回ミーティングだったので、どうなるんだろう?と思いながら臨みましたが、思った以上の化学反応が生まれていて、やはり、人と人との出会いとは興味深いものだな…と実感しました。
年間通してこれからまた楽しみです。
皆さんの素敵なところや学びをたくさん引き出していけるよう、魅力的な時間にしていきたいと思います。

ピンク組さんの初回も行われましたら、またレポートいたします♪
それでは!

Yukiko

Newsletter!

WHR Members ニュースレター 第1号

こんにちは!WHRメンバーズニュースレター第1号で〜〜〜す始まりました〜〜〜!!!!!!👏👏👏ワー!ワー!!👏👏👏

というわけで、テンション高めに去る5月6日(日)、スカイプにて全員での顔合わせフレンズミーティング、そしてその後に続けて本会員全員でのミーティングが無事に行われました。

1. フレンズミーティング

今回は「年間リーディングした”今年”のカードについて、今、どういう状況になってきた?」というテーマでお話をお聞きしながら、少しずつ会話を始めました。

共通したテーマとしては「人の意見に振り回されず、自分の信じることを信じて生きる・行動に起こす」を実感している人と、「助けを求める」ということと向き合ってる人、の二種類に共通項が感じられました。そして、それを覆っているテーマは「天の愛に包まれていることを実感する・信頼する」という部分、でした。
愛されているからこそ信頼できる。だからこそ自分として生きることができる。
まだ4月ですが、この「大テーマ」は自らが今学んでいることに向き合う大きなきっかけにも、支えにもなってくれます。
またこれから一年が楽しみですね…!

その後は少しフリートークする時間が取れたので、皆さんに聞いてみたいこと、として会員の中から「カードの使い分けってどうしてる?」という話が飛び出しまして、それぞれ推しメンカードや使い分け方の話になりました。
ミカエルさんは「男友達のズバッとしたアドバイスって感じ」とか、ライフパーパスは「役割」っていう話をしてくるから普段は使わないけど年間リーディングとかの長い流れのときはわかりやすいよねとか、カードごとにキーワードが自分的にあるのでそれを目安に使い分けてるよ〜とか話していて、最後に「特定の人にしか合わないカードもあるよね」っていうお話になりまして。もう長いことアトランティスしか使ってない!という方の声にみんながすごい驚いていたり(笑)、マジカルフェアリーが「最初から楽に分かった派」と「読み方教えてもらうまでさっぱり分からんかった」派に別れたり。。まぁこれは講座でもよくご説明する部分なんですが、ついでに私から「フェアリー1カードは実は100%妖精系ではなくて、半分天使系なんですよね」て話をしたら、結構みなさんびっくりされてました。(あれ、私言ったことなかったかな…?て思ったので、やっぱりこういう会とかでこう、こまめに情報落としていきたいなぁ…と思いました。)そう、フェアリー1は実は半分妖精、半分けっこう宇宙系なので、妖精系と天使系のハーフの人にはこのカード、バッチリはまるんです。よく見ると宇宙系な言い方も多いので、天使があんまり馴染めないという地球出身系の方にはこのカードは意外と違和感があるかもです。でもハーフの人にはもうドンピシャで合う。。のです!それを聞いて「ああ〜〜〜だからだったのか、納得〜〜!」と仰ってる方もいたりで、楽しかったです。
こういう会話がきっかけで、新たに自分の好みや傾向を自覚したり、興味が湧いたりするの、楽しいですよね。
いっぱいあるオラクルカードの海を泳いでいく一つの楽しみ方になるといいな〜と思います!

そして最後の方で、厳正なるあみだくじで既に決定しておりましたグループ分けを発表しました!厳正なる‥あみだくじの画像です。笑
本会員には本会員ミーティングがあっていつもそこで全員顔を合わせるので、それと被らないようにというわけ方だけ決めて、そこからあみだをして決定しました。
結果的にとても絶妙な組み合わせになったのでは…と感じました。
また次回以降が楽しみです。
会でやりたいテーマを募集することにして、今回は終了となりました。

 

◯終えてみて…
やる前は少し、フレンズミーティングは全員でやるべきか少人数にすべきかと迷った部分があったのですが、やってみてやはり、6人は多かった!とわかりました。自由に喋り出すタイミングが掴みづらいので遠慮してしまい、なかなか自分から話せないのです。
それと、ネット回線が弱くて殆ど顔が見れず、声も途切れ途切れだった方もいらしたので、そういう意味でもやはり3人(私入れて4人)が限界だな…と思いました。(ネット回線弱くても快適に多人数で繋がるビデオチャット知ってらっしゃる方、どうか情報をお寄せください…!!)
全体のお楽しみ会は全員でホワワ〜♪と細かいことは気にせず、途切れても気にせず参加できるような感じにして、普段は2〜3人、はベストだと思います。

 

2.本会員ミーティング

こちらは全員で改めて今の状況&将来やりたいことを話したり、この会でやりたいことを話し合った結果、ガチ勢による勉強会、という今年の方向性が決定しました。
私がHPで書いたような「職業人同士による会活動」は、今日のこの会を開いたことで改めて、それは全く別の機能としてやるべきことであるとはっきり理解することができました。(またHPを書きなおさねば…。。)私はここでは一参加者ではなく指導者の役割になるので、職業人会は別で設定したいと思います。

そんなわけでこの会は将来オラクルカードを仕事のかなりの主目的として取り入れていく、実際に使う人たちのための、ガッチリした基礎を作っていくためのブラッシュアップの会として活動することになりました。
自分で試したい手法を設定したり。クライアントの持ってきた「聞きたいこと」に対しての質問の仕方なども練習のうちですので、そこから自由にやる、ということで、まず今回は会員の一人が自分のやりたいテーマやルールを設定し、それに則って別の会員の悩みをリーディングする
ことになりました。(質問者は自分で自分にガチでリーディングをします!)その結果をミーティングで全員分それぞれ丁寧に見ていき、修正点や改善できる点、こういう方向性はどう?という感じなどを話し合っていって、また次回活かすという感じ。
テーマ設定(練習方法)について、私が架空のクライアントを設定して練習する、という案も出ましたが、「実際の人間でやったほうがいいと思う」という意見が会員からも出ましたし、私も実体験からそう思います。過去にその練習法を生徒にコーチング卒業課題として設定して行ったことがありますが、正直いって根本的にはあまり意味がないなと感じました。生徒には自信になるかもしれませんが、実際の人間は結局そこを越えてきますし、緊張感も段違いです。越えてきたものをリスペクトしたり、対処したりする方が、結局よいのではないかな…と思うので、実際の悩みに対する練習をしようということになりました。

この会に入る時点で、半分モニタリング、半分予行演習、という感じ。実験の場。
良いばかりでなく正直な感想をもらって、ステップアップして、実際に使っていけるようにしたい。とのことでした。

私としてもコーチングという、ひたすらに己を振り返るという地味にして最大効果を上げる学びの機会は提供しているものの、それが実力に結びついている、と実感できる場は提供できていなかったので、この本会員ミーティングで実際にやってみるというのは非常に良いのではないかと感じています。
やっぱり、リーディングは実戦を積まないと、自信もつきませんし実感も湧きませんし修正点も分かりませんからね。。

 

◯そして。職業人会…!
同意してくださる方がいるか否かすら何も分かっていない状態ですが、経費あれば全部ワリカン&作業は完全分担制、実際に話してみて気が合いそうなら「最近、どう?」で2時間喋る、みたいな会を想定しています。

で共同活動でお互いがメリットありそうならそれも視野に入れたり考えたり打ち合わせしたりしてみるし、別にそれがなくてもいいと思います。盛り上がってきたら、例えば何かをあっちの世界から受信したらそれを話してて、それいいよ、やろう!てなったら各自の活動で「今月のテーマ」として取り入れてみたりとか。そういうのは張りがあるし、楽しめそうですよね。でも、それもあくまで一案です。
基本的には「最近、どう?」で喋れる、そんな会が必要な方…!ちょっと連絡ちょうだい!!!!私は必要!!!!!!!!!!!!!!


というわけで、6月からのグループごとのミーティングがまた楽しみです〜!

プラハもキラキラの初夏を迎えました。
すてきな五月をお過ごしください!

Yukiko / WHR

Newsletter!

WHR Members ニュースレター 第0.5号


刻んでくるね!数字!こんにちはゆきこです。WHRメンバーズニューズレター、0.5号。

せっかくの初年度なので、進行のプロセスを記録に残しておきたいなぁ…ということで、0.5号を書くことにしました。
写真は、うちのかわいいクリスマスカクタスちゃんです。
芽生えたばかりの葉っぱがかわいい…。。おてて…かわいい…


◯現在の状況

・只今、記念すべき初年度となる2018年度の開幕会員さんたちが集まり、なんとか初回ミーティングの日時が決定したところです。
その際、年間通してと初回ミーティングとで、グループ分けの人数に少し悩んだため、会員の皆さまに相談しながらベストの方法を探りまして、このような年間プログラム?に収まりました。

    • 初回は全員で顔合わせ+自己紹介とリーディングテーマをいっぺんにする企画
    • 通常のフレンズミーティングはグループに分けてじっくりそれぞれのテーマでやっていく
    • 夏と冬にオンライン飲み会(どうしても飲もうとしている)をして、途中参加の人もそこで顔合わせや紹介ができたりする(飲むといいつつ名案だ!と思った)(飲み会と連呼していますがちゃんとオラクルカードも絡めます。私はどんな体勢からでもカードを絡められる特殊能力の持ち主なんだ…。きっとオラクルカードの実を食べたにちがいない)

と。
これ、良いのでは?良いので…は??
各ミーティングではそれぞれのテーマも出てくるでしょうし、進行や関心も違うと思うので、それを生かしながら様々な切り口でリーディングを一緒にしてみたり、テーマについて話し合ってみたりしながら、わいわいしていこうと思います。
いろいろな幅にも対応できるように、できるだけの準備をしてみているところです。

初年度なので、何もかも手探りです。
でもきっと毎年、それぞれに手探りをして、それぞれの形が出来上がるのではないかな、とも思っています。
だから、偶然だとか、予感だとか、そういうものをしっかり、大切にしていきたいです。
外枠ばかり固めきってしまうと、中身がおろそかになる。
中身を見つめるぐらいしか能のない私は、これを愚直にやっていきたいと思います。

何にせよ、とにかく楽しみです!!\( ´ ∀ ` )/

 皆さま、素敵なゴールデンウィークを☆

Newsletter!

WHR Members ニュースレター 第0号

ご挨拶
こんにちは、WHR Members’ ニュースレター vol.0です。
今回はひとまず、今年度のノベルティである革製コードクリップの使い方のご紹介写真載せたいと思います!
てってれ〜!(写真にマウスを載せると解説が出ます)

今年の1月に作ってから個人的に愛用してます。使いやすい〜〜。軽くて柔らかく、今のところ全然汚れません。

今年はまず、一番作りたかったコードクリップにしてみました。
フレンズ、正会員全員にお一つずつお送りします。
お気に召しましたら幸いです…!
余談ですけどこのスミレの花は、WHR作った時に意味を込めて選び自分で描いたものなんですが、こうやって花だけ抜き出すとなんかハワイアンチックな空気出ますよね…。出ません?
ちなみに、スミレの花言葉は「誠実」です。

◯せっかくなので、ちょっとここで真面目な話を。このスミレマークの誕生秘話(?)です。
WHR設立当初、私はマザーテレサの、無私で徹底的に働いてきた人生と修道女の会を設立した生き様と姿勢に改めて強くインスピレーションを感じ、励まされていました。
そしてセインツ&エンジェルオラクルカードに書かれていた、マザーテレサのテレサはリジューの聖テレーズから取られているというエピソードを読みました。彼女は「着実な一歩ずつが大事なんだ」と主張した人だということ、そのテレーズさんが自分が今まで助けてきた患者たちに臨終の場で、自分が助けに来たしるしとしてバラの花を送ると約束したことから「小さき花」とも呼ばれている、というエピソードにも、何か運命的なものを感じました。
そこで、「誠実」という言葉を持つ「小さき花」であるスミレをモチーフに選び、ロゴマークを制作したのです。
私や、関わる人全てにとってのWHRにおける活動が、誇り高き小さな花として、着実な一歩を誠実に積み重ね、それによって得られる最大の喜びを全てのお客さまたちと共に分かち合うことができますように。


会報メルマガ・コンテンツ予定
とりあえず次回以降の更新にて予定している内容です。
・ミーティングトピック・ピックアップ
フレンドミーティングや掲示板などで盛り上がった話題の中からトピックを選び、抜粋でお送り致します。
オラクルカードの話題だったり、スピリチュアルの話だったり、なんかいろいろリアルで実地的だったりする、興味深い話題を耳ざとく集めておいて、更新したいなぁと思っています。仲間達の愉快なやりとり(?)をお楽しみください。
・会員からのお知らせ
主に本会員からの募集や呼びかけなどがあればこちらに掲載します。
・その他
面白いことや興味深いことがあれば勢いでどんどん企画していきたいと思います。シェフの気まぐれサラダ的なコーナーもあるかも。

よろしくお願い致します! 🙂  

保存保存

保存保存